借金返済は、弁護士・司法書士が優しく丁寧に対応してくれます。

借金返済なら、無料相談で弁護士または司法書士に頼むのが解決の早道です。

借金の返済に非常に強いプロ専門家は、知識がなくても解りやすく懇切丁寧に説明してくれます。借金返済でお悩みなら、借金の無料相談であなたのを抱えている悩みを少しでも早く解決された方が賢明です。

借金相談,弁護士,司法書士

 

あなた、または家族や知人に金融業者からお金をを借りている人はいませんか?返済に困っていませんか?

 

借金を完済していても、未だに返済が続いていても、多額のお金が返ってくる場合があります。
それを個人するのは非常に難しいので、プロの弁護士または司法書士の債務整理に強い専門家に相談する事をおススメしますが、地方の地元に根付いた弁護士や司法書士だと、まだまだ昔の風習で借金返済の事を相談するだけで、1時間●●万円という具合に借金返済の有料相談になってしまうので気を付けて下さいね。

 

 

借金返済に強くて優しい無料相談できる弁護士ベスト3

「樋口総合法律事務所」

借金相談,弁護士,司法書士

【相談無料!費用分割OK・秘密厳守】
■650万円の借金がゼロになった実績など、毎月600件対応の実績は、借金返済の専門家として信頼の証です。
・即日対応可能、取り立て、督促に対してスピーディーに対応、職場やご家族に内緒で手続きも可能です。
・借金の督促・取り立て即日ストップ可能。24H365日対応中。

 

「樋口総合法律事務所」で無料相談する>>>

 

借金返済が得意な弁護士などに無料相談2016
樋口総合法律事務所フリーダイヤル 0120-890-012

 

「弁護士法人サルート」

借金相談,弁護士,司法書士

【相談無料!費用分割OK・秘密厳守】

■すぐに借金問題を解決して、やり直したいと思うかはこちら債務整理の専門家に。
・借金の督促・取り立て即日ストップ可能。24H365日対応中。

 

「弁護士法人サルート」で無料相談する>>>

 

「ふづき法律事務所」

借金相談,弁護士,司法書士

【相談無料!費用分割OK・秘密厳守】

■給料日に借金の返済から考える生活から抜け出そうをモットーにしている借金返済の専門家です。
・借金の督促・取り立て即日ストップ可能。24H365日対応中。

 

「ふづき法律事務所」で無料相談する>>>

 

 

【 その他のおススメ相談所 】

 

リヴラ総合法律事務所

【相談無料!費用分割OK・秘密厳守】・借金の督促・取り立て即日ストップ可能。24H365日対応中。
女性のオペレーターが安心対応してくれるので女性も安心して相談できる専門家。リヴラ総合法律事務所

 

新大阪法務司法書士事務所

【相談無料!費用分割OK・秘密厳守】
・借金の督促・取り立て即日ストップ可能。24H365日対応中。
関西圏の方も安心して相談できる債務整理の専門家。新大阪法務司法書士事務所

 

 

借金返済で困ったら弁護士などの専門家に相談する理由

借金返済問題を法的な所から軽く知っておく必要があります。

借金相談,弁護士,司法書士

まず、簡単に理解できる債務整理における基礎知識を見てください。

 

◎任意整理
◎個人再生
◎特定調停
◎自己破産

 

この4つをまとめて「債務整理」と呼びます。
4つの簡単な説明をしますが、覚える必要はありませんので軽く読み流しておく程度で十分です。

 

※最終的には、この4つ方法から、借金返済の方法を弁護士または司法書士と相談する事になってきます。
その辺りも、相談した専門家がどの手段が一番合ってるのかしっかりと相談にのって助けてくれます。

 

 

 

借金返済の整理はその専門家に相談してみましょう

借金相談,弁護士,司法書士

借金返済の整理の為には、法的な専門の知識が必要になるので、債務整理の専門の方に相談をして返済問題を解決へと進めていきましょう。知識のない素人が返済の整理をしても、ダメになるのが目に見えてわかります。

 

借り入れ先の返済が難しくなり、迫ってくる返済日にビクビクおびえて悩んでいる時には、ちゃんとした判断なんてとてもできないものです。自分一人だけで返済の整理なんて出来るわけないのです。

 

借金返済の専門家に助けてもらうのがもっとも確実的なやり方です。

 

債務整理の専門家に依頼する場合はやはりお金がかかってしまうのですが、返済問題の相談だけなら無料で行ってくれる所もあるので、土日でも借金返済の相談が出来る所は非常に多いのです。

 

借金返済を相談する場合にはいくつもの専門家の所に行き、効率的なアドバイスをしてくれたり、より借金返済の経験が豊富な債務整理の専門家に返済方法を依頼をしましょう。債務整理にかかる費用も法律事務所で違ってくるので、よく検討をするべきなのです。

 

債務整理の専門家とは、弁護士や司法書士、行政書士などで法律に関わる専門家で返済に困ったときに頼れる方の事を指します。

 

 

 

借金返済の債務整理などの紛争性のある案件では

借金相談,弁護士,司法書士

本当に返済問題で活躍をして貰えるのはやはり弁護士です。司法書士や行政書士では、裁判になった時に債務者の代理になれないのに対し、弁護士は債務者の代理になる権利があるのです。

 

注意する所は、債務整理のコンサルタントを行っている事務所でも、実際の所、弁護士の資格を持っていなく、借金の返済のノウハウを教えてくれるだけの事務所もあるので、それらの大半はそれほど頼りにならないのです。

 

弁護士資格を持たないで、債務者の代わりに債権者と交渉した場合は弁護士法に抵触する法律違反になってしまうからです。

 

債務整理(借金返済)専門の法律事務所選びをする時に、借金返済の問題においてしっかりとホームページなどでPRしているか絶対に確認しましょう。PRしている事が借金返済の問題と違えば絶対に専門家よりかは実力は劣るでしょう。

 

借金相談,弁護士,司法書士

たとえ「借金返済のお手伝い」や「債務整理をします」といった少しだけPRがされていても、その弁護士に返済を相談する価値がない法律事務所と思って下さい。

 

また弁護士の中には問題を起こす人がいるのも事実います。たとえば業者と手を組んで、債務者の返済の相談に乗っていると思わせておきながら金融業者の方が有利になる様に話を進めるという事例もあります。

 

ですので、簡単に金額だけで決めないで、信頼やこれまでの借金返済問題の実績がある業者に依頼した方が断然いいです。

 

なぜかというと債務整理を行うと返済金額が減額されますが、その減額される額が断然変わってきます。

 

 

 

任意整理

借金相談,弁護士,司法書士

あなたの代理人である「弁護士または司法書士」が「金融業者」と借金返済について交渉をします。

 

そこで借金返済する金額を減額したり、返済期間を延ばしたりと色々な形で交渉してくれます。
ただ、債権者(借入先)1カ所づつと債務に関する交渉をしなくてはいけなのでが、凄く大変な方法となります。

 

簡単に言えば、あなたの代理人である専門家が借金返済について交渉し、借金を減額したり、3年で払うものを5年にしたりできる。
分割希望なら分割にもできる。
裁判所は介入しないで、専門家が金融業者と1対1で交渉する形になります。

 

任意整理のポイント!

・借金返済額以外にも、借金の元本を減らす事ができる可能性がある。

・長い期間に渡り借金返済を続け、高い利息の借り入れをしていた時、金利が戻ってくる(過払金の返金)場合がある(詳しくは事例集を見てください)
・この先の借金返済の利息も減らしてもらえる可能性がある
・債権者(借入先)と返済計画に基づいた和解契約書を作る

借金相談,弁護士,司法書士

 

ここからの3つの方法は、裁判所を通して金融業者と借金返済について交渉する方法です。

 

 

特定調停

借金相談,弁護士,司法書士

あなたの代理人である「弁護士または司法書士」が「裁判所」が仲介し「金融業者」と借金返済について交渉をします。

 

簡単に説明すると、特定調停は裁判所で行う任意整理です。
「弁護士または司法書士」と「金融業者」との借金返済の交渉を裁判所で行うという事です。
この特定調停は、任意整理を法に乗っ取って行うようなもので、最終的には任意整理とあまり変わりがなく、4つの中で行われることが少ないパターンです。

 

借金相談,弁護士,司法書士

特定調停のポイント!

・調停なので貸主と借主2つの合意が必要になる。
・借金の元金を減らせる可能性がある
・過払い金の返金の請求はできない

 

 

個人再生

借金相談,弁護士,司法書士

あなたの代理人である「弁護士または司法書士」が「裁判所」で「金融業者」と借金返済について交渉をします。

 

銀行などから金融機関に住宅ローン借入れがあり、家を手放したくない時にする方法が個人再生になります。
自己破産してしまうと所有している物件を、競売や任意売却などで手放さなくてはいけないため、救済する為にできた民事再生法の手続きの1つです。
個人再生をするには、弁護士または司法書士に返済再生計画を作ってもらって手続きを進めます。

 

借金相談,弁護士,司法書士

これは、自己破産の手前の制度と位置付ければ理解しやすいです。

これも同じく裁判所を通して、金融業者から借りている借金返済額を減額させたり、分割したり、支払いを延期させたりという事が可能で、
住宅ローンなど銀行から借りている借金は、そのまま返済を続けなければなりませんが、ローンなどを延期してもらう時によく使われます。

 

自己破産では、あなたの社会的な信用を0にしてしまいますが、個人再生はあなたの社会的な信用が0にならず、信用を残すことが出来ます。
0と1では大違いですからね。

 

個人再生のポイント

・住宅ローン保有者の方が対象
・自分の家を処分しなくても、借金減額の手続きする事が可能
・今後、一定の収入が入ってくる必要がある
・大幅(最大9割)な借金の減額が可能

 

 

自己破産

借金相談,弁護士,司法書士

あなたの代理人である「弁護士または司法書士」が「裁判所」で手続きをし、「金融業者」に通知して借金をゼロにします。

 

これは有名なのでご存知でしょうが、借金を返済する事が確実に出来ない時に行うのが、自己破産です。
あなたが借りているすべて借金を0円にします。すべて帳消しですが、あなたの社会的な信用も0にしてしまう最終的な手段です。
クレジットカードは数年間作れず、ローンも組めず、銀行の口座は使えますが、借り入れなどは一切できない状態になります。
国が発行している官報にあなたの名前は掲載されますが、官報など読むのは弁護士や司法書士だけなので
ご近所に知られる確率は極めて少ないです。

 

自己破産のポイント!

・免責されると借金が全て無くなる。もう返済無料、借金0に。
・金融資産や不動産など、所有している財産を全て処分しなければいけない
・手続きをしている時は、会社の役員になれない等の資格の制限がおこる
・数年間は、クレジットカードなども作れず、借り入れは一切できない。
・地方の裁判所で手続きを行う

 

 

これで以上です。

 

 

借金相談,弁護士,司法書士

これらの4つを感覚的に知識に身につけておけば、借金返済を弁護士にしても、話しが非常にスムーズになるでしょう。

借金返済の問題は、どこの弁護士や司法書士に相談しても一緒だと思っていたら大間違いです。本当に借金の問題を取り扱うプロの専門家に相談する事をおススメします。
それも無料で相談に乗ってくれるのですから、相談だけでもしてみるのがいいのではないでしょうか。

 

 

 

 

家族や彼女、奥さん、子供、身近な人のために早い借金返済の解決をしましょう。

借金相談,弁護士,司法書士

 

 

返済できていると余裕な気分になってはいけません。
返済方法について、どのようにお考えでしょうか。雪だるま式に借金が増え、返済に困り始めて、返済が滞るようになり、差し押さえ処分などを受ける場合も沢山あります。返済額が少ない時は、さほど返済には困らないのですが、ある一定の金額ライン(返済能力と資産とキャッシュフローから算出)を超えた時点から返済が厳しくなり窮屈なお金周りになります。それが借金の落とし穴です。借金返済できないのに借金が当たり前になって借金中毒になっていくのです。借り始めた時は、みんな少しだけ借りてちゃんと返済しようと思ってお金を借りるのです。まだ借りている金額が少ない方は、少しでも早く返済して借金中毒を予防しましょう。
返済をコツコツするという事が、本当の返済のコツともこの業界では言われるぐらいです。初めに借金をするときは、返済に対して楽に考えられますが、長い月日を考えると予定していた返済以外にも急なお金が必要な時が多々あります。それを考えた時に返済の金額も思っている以上に考えて返済サイクルを組まなければいけません。しっかりとした返済スケジュールを組んでおきましょう。