債務整理について記事一覧

借金地獄にはまってしまって、どうにもならなくなってしまうと、どんなに精神的にタフな人でも参ってきますよね。もし今の苦境から解放されるなら、いっそのこと自己破産をしてもいいという気分になったり、債務整理の相談を弁護士事務所にしてもいいんじゃないだろうかという思いがよぎってくるのではないでしょうか。もし債務整理をすることになった場合、どれくらいのタイミングで真剣に健闘したらいいかですが、実は明確な答え...

お金を借りていて返済が難しくなった、返済方法を変えてみてもうまく行かないという場合には、債務整理をお勧めします。債務整理の方法としては、任意整理、自己破産などいくつかの種類があり、収入や生活スタイルに合わせて選ぶのがお勧めです。債務整理の場合は、弁護士か司法書士のどちらかに依頼します。これはどちらでもそう変わりません。両者を比較した場合、費用が極端に違うなどということもありませんので、もし弁護士に...

債務整理について、どのように思われていますか。初めて弁護士さんにご連絡するとき、なかなか踏み切れないとお悩みの方もたくさんいらっしゃると思います。私は、残念ながら26歳の時に、お世話になることになってしまいました。債務超過による支払が原因でした。非常に不安を抱えていましたが、弁護士さんに連絡した後は、もっと早くするべきだった!この一言です。債務超過に陥った原因など細かくヒアリングを受けましたが、な...

債務整理は、次のような種類があります。「任意整理」は、最も手続きが簡単な債務整理です。他に、「特定調停」「民事再生」があり、最も重い債務整理となるのが「自己破産」です。債務整理をする場合は、弁護士や司法書士に相談して、どの債務整理の方法を選ぶのがよいかについて、専門家としての意見を詳しく聞くべきでしょう。安易に「自己破産」を望む人もいますが、借り入れ金額と収入や資産の状況を見て、返済できる見込みが...

債務整理の種類の1つとして、特定調停と呼ばれる手続き方法があります。特定調停は、内容的には、任意整理とほとんど違いがありません。任意整理の場合と同様に、弁護士や司法書士が金融業者とやりとりして、金利の引き直しをしてもらうことで、毎月の返済の負担を減らすことになります。債務整理と任意整理の大きな違いは、裁判所を通して手続きを行うかどうか、というところになります。任意整理の場合には、弁護士や司法書士が...

債務整理について、しっかりと覚えておいてほしいことがあります。それは、1度でも債務整理を行うと、2度目の債務整理が不可能になる場合が極めて多いということです。デスので、借金の返済が面倒になったというような理由で、安易に債務整理を行うことは、絶対にしてはなりません。債務整理を行うべき目安は、返済額が、毎月の収入額の3割以上になっているかどうかだと言われています。返済額が、収入の3割を超えてしまうと、...

弁護士事務所などで債務整理の相談をする場合、通常、一万円か二万円ほどの相談料がかかります。それらの相談料は、相談内容にかかわらず、時間に応じて支払うことになりますので、結果的に債務整理を行わない選択をしたようなときには、相談料そのものが無駄になってしまうと感じることもあると思います。そのような無駄を防ぐために、債務整理の無料相談を行っている弁護士事務所を探してみることをお勧めします。全ての弁護士事...

何種類かある債務整理のうち、最も取り入れる人が多くなっているのが、任意整理です。任意整理は、債務整理の中で、最も軽い手続きであると言われています。その理由は、裁判所を通すことなく、弁護士や司法書士が、直接債権者とやりとりをして、金利の引き直しを依頼する方法だからです。金利の引き直しをしますと、返済額が変わってきますので、毎月の返済額を変更することができます。任意整理には、比較的早く債務整理の手続き...

債務整理には何種類かあり、状況に応じてどれを取り入れるかを決めていくことになります。たとえば、世帯主であって、借り入れが大きな金額になってしまっているけれども、住宅は手放したくないというような場合には、個人再生を選ぶことになります。個人再生は、借り入れ額の減額や、金利の引き直しをすることによって、住宅を手放すことなく、3年から5年ほどの期間で完済することを目指すものです。今の住宅を手放してしまいま...

債務整理の種類のなかで、最も重い手続き方法と言われるものが、自己破産です。自己破産を取り入れることによって、借金はすべて帳消しになります。収入が全くなく、借り入れ返済のできる見込みがない人の場合は、この自己破産を選択する以外に債務整理の方法がないということになります。自己破産を取り入れる場合、保有している財産は、全て手放すことが求められます。車や住宅は、手元に残りません。20万円以下の現金、および...