債務整理には何種類かあり、状況に応じてどれを取り入れるかを決めていくことになります。

 

たとえば、世帯主であって、借り入れが大きな金額になってしまっているけれども、住宅は手放したくないというような場合には、個人再生を選ぶことになります。

 

個人再生は、借り入れ額の減額や、金利の引き直しをすることによって、住宅を手放すことなく、3年から5年ほどの期間で完済することを目指すものです。

 

今の住宅を手放してしまいますと、新しい住まいを探す必要がでてきますし、その場合には引っ越しの費用や、敷金、礼金、家賃などのお金も必要になります。

 

個人再生で住宅を手元に残すことができれば、そういった新たな出費によって、家族に負担をかけることもなくなります。

 

個人再生を取り入れることの可能な人は、毎月、一定額以上の安定した収入があり、完済が可能であると判断された人です。

 

多くの場合、3年での完済が可能なように減額してもらうことになりますが、何か事情があって、その事情が認められた場合には、より長期の分割弁済が可能となります。

 

その場合は、最長で5年以内での完済と決められています。

 

個人再生の手続きを進めますと、国が発行する機関誌である官報に名前が掲載されてしまいます。

 

また、ブラックリストと言われる、個人信用情報に名前が残ることにもなります。

 

そのため、新たな借り入れを行うことができなくなりますので、ご注意ください。返済が計画通り進むように、金銭管理をしっかり行うようにしましょう。

関連ページ

債務整理を考えるタイミングとは
債務整理を考えるタイミングはやはり借金で手が回らなくなった時に考えるのではないでしょうか。タイミングがどうあれ借金地獄に溺れてしまったら早く弁護士に相談してください。
債務整理の知識『司法書士と弁護士の比較』
知っていると強い債務整理の知識を司法書士と弁護士で比較してみました。債務整理に強い弁護士と司法書士どちらに入りした方が良いのかを参考にしてくだい。
債務整理に踏み切れないお悩み
債務整理に踏み切れないお悩みについて紹介します。借金で首が回らなくなってしまってからでは遅いので、自分の明るい将来の為に債務整理に踏み切りましょう。
債務整理の種類は?
借金返済でお困りの方の為に債務整理の種類についてご紹介致します。債務整理にはいくつか種類があり、借金額や収入状況で変わってきます。債務整理の種類を間違えると大きく損していまう可能性がありますので注意してください。
特定調停とはどういうものか
債務整理をする際に、自己破産・個人再生・任意整理というのは有名どころですが、まれに特定調停という手法を使って債務整理を行う事があります。その特定調停について紹介しましょう。
債務整理を取り入れる目安
債務整理を取り入れる目安についてご紹介します。借金問題でお困りの方はどのタイミングで債務整理をするべきなのかわからないと思います。こちらの記事を参考にしてください。債務整理で無理なく借金地獄から抜け出しましょう。
無料相談について
借金について弁護士に相談する際の無料相談についてご紹介いたします。債務整理を考えていても弁護士に相談しなければ分からない部分は多数あります。通常は有料の事務所が多いのですが、中には無料で相談を受けてくれる事務所もあります。
任意整理とは
任意整理とは一体どのような物なのかをご紹介いたします。債務整理にはいくつか種類が存在し、その中の一つが任意整理になります。さらに詳しく知りたい方は是非ご覧ください。