債務整理の知識『司法書士と弁護士の比較』

お金を借りていて返済が難しくなった、返済方法を変えてみてもうまく行かないという場合には、債務整理をお勧めします。債務整理の方法としては、任意整理、自己破産などいくつかの種類があり、収入や生活スタイルに合わせて選ぶのがお勧めです。

 

債務整理の場合は、弁護士か司法書士のどちらかに依頼します。これはどちらでもそう変わりません。

 

両者を比較した場合、費用が極端に違うなどということもありませんので、もし弁護士に知り合いがいる人は弁護士に、知人に司法書士がいる人は司法書士に依頼をするといいでしょう。

 

またどちらにも知り合いがいない場合でも、公共機関や法テラスの無料相談を利用して、紹介してもらうことも可能です。

 

ただし自己破産をする場合には、いくらか事情が異なって来ます。自己破産は裁判所に破産宣告をして、免責が下りるのを待つことになります。この場合、弁護士または司法書士が、本人の代理として裁判所に行き、宣告をすることになります。

 

しかし司法書士は弁護士と比較すると、代理業務の範囲に限度があります。自己破産の場合、司法書士が代理で宣告できる対象金額は140万円までとなり、それ以上の金額の場合は本人が宣告をすることになります。

 

ですから自己破産の場合は、弁護士に依頼するのがお勧めです。

 

しかし、もし債務が140万円以上で、司法書士に自己破産を依頼した場合でも、書類の作成や手続きは請け負ってくれますし、当日は裁判所に同行してくれます。全く自分だけで行うわけではないので、特に心配する必要はありません。

関連ページ

債務整理を考えるタイミングとは
債務整理を考えるタイミングはやはり借金で手が回らなくなった時に考えるのではないでしょうか。タイミングがどうあれ借金地獄に溺れてしまったら早く弁護士に相談してください。
債務整理に踏み切れないお悩み
債務整理に踏み切れないお悩みについて紹介します。借金で首が回らなくなってしまってからでは遅いので、自分の明るい将来の為に債務整理に踏み切りましょう。
債務整理の種類は?
借金返済でお困りの方の為に債務整理の種類についてご紹介致します。債務整理にはいくつか種類があり、借金額や収入状況で変わってきます。債務整理の種類を間違えると大きく損していまう可能性がありますので注意してください。
特定調停とはどういうものか
債務整理をする際に、自己破産・個人再生・任意整理というのは有名どころですが、まれに特定調停という手法を使って債務整理を行う事があります。その特定調停について紹介しましょう。
債務整理を取り入れる目安
債務整理を取り入れる目安についてご紹介します。借金問題でお困りの方はどのタイミングで債務整理をするべきなのかわからないと思います。こちらの記事を参考にしてください。債務整理で無理なく借金地獄から抜け出しましょう。