特定調停とはどういうものか

債務整理の種類の1つとして、特定調停と呼ばれる手続き方法があります。

 

特定調停は、内容的には、任意整理とほとんど違いがありません。任意整理の場合と同様に、弁護士や司法書士が金融業者とやりとりして、金利の引き直しをしてもらうことで、毎月の返済の負担を減らすことになります。

 

債務整理と任意整理の大きな違いは、裁判所を通して手続きを行うかどうか、というところになります。

 

任意整理の場合には、弁護士や司法書士が、裁判所を通さずに債権者と話し合いをして、金利の引き直しが行われますが、特定調停の場合には、弁護士や司法書士と、債権者との間に、裁判所が入ることになります。そのため、任意整理よりも、手続きが複雑になり、面倒に感じる人が多いと言われています。

 

けれども、裁判所が入るということは、大きなメリットでもあります。

 

金融業者によっては、任意整理には応じない方針をとっているところもありますが、特定調停ですと、裁判所が間に入るこてとで、手続きが進めやすくなる場合があるのです。

 

特定調停の利用を勧められる人の条件は、毎月、一定の収入があって、金利の引き直しによって3年程度での完済が可能であると判断されることです。

 

一度特定調停を取り入れて、金利引き直しを行ってもらい、月々の返済額が確定しますと、その返済が滞ってしまった場合、即座に給料の差し押さえという措置に進んでしまうことになります。

 

債務整理に特定調停を取り入れる場合には、そのことを念頭に置いて、きちんと返済をするようにしましょう。

関連ページ

債務整理を考えるタイミングとは
債務整理を考えるタイミングはやはり借金で手が回らなくなった時に考えるのではないでしょうか。タイミングがどうあれ借金地獄に溺れてしまったら早く弁護士に相談してください。
債務整理の知識『司法書士と弁護士の比較』
知っていると強い債務整理の知識を司法書士と弁護士で比較してみました。債務整理に強い弁護士と司法書士どちらに入りした方が良いのかを参考にしてくだい。
債務整理に踏み切れないお悩み
債務整理に踏み切れないお悩みについて紹介します。借金で首が回らなくなってしまってからでは遅いので、自分の明るい将来の為に債務整理に踏み切りましょう。
債務整理の種類は?
借金返済でお困りの方の為に債務整理の種類についてご紹介致します。債務整理にはいくつか種類があり、借金額や収入状況で変わってきます。債務整理の種類を間違えると大きく損していまう可能性がありますので注意してください。
債務整理を取り入れる目安
債務整理を取り入れる目安についてご紹介します。借金問題でお困りの方はどのタイミングで債務整理をするべきなのかわからないと思います。こちらの記事を参考にしてください。債務整理で無理なく借金地獄から抜け出しましょう。