ブラック入り?債務整理と信用

債務整理をすると、信用情報ブラックリストにのってしまいます。借金返済に困っても簡単には債務整理をできない理由の1つは、ブラックリストに入ってしまい、長い間金融機関からの信用を失ってしまうことがあげられます。

 

過払い金請求も債務整理の一種と考えている人がいますが、過払い金請求をするだけならブラックリストには載りません。過払い金請求をした後に借金が残っていて、それを任意整理した場合にブラックリストに載ります。

 

信用情報ブラックリストに載る期間は、任意整理の場合は5年です。任意整理という方法で解決してしまう理由の1つは、ブラックリストに載る期間が短いからという理由があります。

 

個人再生や自己破産の場合には、5年から10年という長い間ブラックリストに載ってしまいます。個人再生と自己破産はデメリットが同じなら、自己破産をしたほうが得と考えるかもしれませんが、一定の職業についている人や、マイホームを残したい人などは個人再生を選ぶこともあります。

 

債務整理には他にもデメリットがありますが、ブラックリストに載ってしまうというデメリットが一番大きいケースが多いでしょう。若い人は住宅ローンの審査に通らなくなって、マイホームを購入できなくなるということもあります。

 

地方に住んでいる人は、車のローンが組めなくなり、生活に支障が出ることもあります。デメリットを考慮してもなお借金の負担を減らす必要性が大きいという場合には、債務整理を検討してみるとよいでしょう。

関連ページ

債務整理のメリット・デメリットは?
債務整理を始める前に正しいメリットとデメリットの知識を把握しておく必要があります。これから債務整理をお考えの方はこちらで正しい知識を学んでください。
借金返済を弁護士に相談するメリットデメリット
借金返済を弁護士に相談するメリットデメリットを教えます。借金返済を弁護士に相談するデメリットはありません。メリットが大きいので迷わず相談してください。