借金返済を弁護士に相談するメリットデメリット

借金返済を弁護士に相談するデメリットは、ほとんどありません。

 

最近の法律事務所は、初回のみですが無料で相談にのってくれるところが多いです。

 

一定の時間を過ぎると相談料がかかることがあるので注意が必要ですが、債務整理をする必要があるかどうかを判断するだけなら、30分から1時間の面談でも十分でしょう。

 

メリットがあると判断した場合にのみ依頼をすればよいのです。正式に依頼をするとなると、それなりに高額な報酬がかかります。

 

任意整理なら、着手金10万円、成功報酬10%といったところです。

 

しかし、メリットがある場合にだけ依頼をすればよいので、期待を裏切られることはありません。多くの場合に、減額できる借金のほうが大きくメリットがあります。

 

また、債務整理をしてしまうとブラックリストに載ってしまい、しばらくの間金融機関からの信用が落ちるというデメリットもあります。

 

このデメリットが最も大きいかもしれません。しかし、相談をするだけなら信用になんの影響もありません。

 

相談にかかる費用は、1時間5000円程度ということが多いようですが、法律事務所によって料金設定が異なります。

 

初回30分から1時間の無料相談を有効活用しましょう。1つの法律事務所で決めなければいけないというわけでもなく、複数の事務所でアドバイスを受けてみるのもおすすめできます。

 

最終的には1つの事務所に決めて依頼をすることになりますが、正式な依頼をするまでならいくつの事務所で相談をしてもよいのです。

関連ページ

債務整理のメリット・デメリットは?
債務整理を始める前に正しいメリットとデメリットの知識を把握しておく必要があります。これから債務整理をお考えの方はこちらで正しい知識を学んでください。
ブラック入り?債務整理と信用
債務整理をするとブラック入りしてしまうのか疑問に答えます。こちらの記事を見れば債務整理と信用問題が分かると思います。