債務整理のメリット・デメリットは?

債務整理は借金の整理をするために国が設けた制度で、細かく分けると自己破産や任意整理、個人再生などがあります。

 

債務整理を行う上で大きなメリットとなるのは、もちろん借金による家計の圧迫を解消することにあり、例えば自己破産であれば、個人や企業に関係なく免責を受けることで、個人や企業に関係なく全ての支払い義務から開放されます。

 

個人再生では借金そのものを消すことはできませんが大幅な減額をすることができ、任意整理では裁判所を通さずに行うので特定の企業だけと和解するといったことができます。

 

対するデメリットは利用する制度によって違いますが、自己破産では資産を全て手放すことになり、個人再生でもほとんどの資産が回収されます。

 

任意整理は資産を残せますが、借金全てを減額といったことはできないので、多重債務者には焼け石に水といった場合もあります。

 

また、どの方法であっても、信用情報にキズが付いてしまい、いわゆるブラックリスト入りとなるので、今後は一定の期間でクレジットカードの作成やローンを組むことができなくなります。

 

基本的にメリットが大きいほどデメリットも大きくなる傾向にあり、その度合いは自己破産、個人再生、任意整理と小さくなっていきます。

 

自己破産をすれば借金の煩わしさから開放されますが、代わりに預貯金なども失うので、これまでの生活はできなくなると考えた方が良いでしょう。任意整理ではデメリットが少ないですが、メリットもあまり大きくないので、自分の借金の大きさによって使い分けることが必要です。

関連ページ

借金返済を弁護士に相談するメリットデメリット
借金返済を弁護士に相談するメリットデメリットを教えます。借金返済を弁護士に相談するデメリットはありません。メリットが大きいので迷わず相談してください。
ブラック入り?債務整理と信用
債務整理をするとブラック入りしてしまうのか疑問に答えます。こちらの記事を見れば債務整理と信用問題が分かると思います。