弁護士に依頼する記事一覧

給料日まで生活費が足りなくなった、急な出費によるまとまったお金など、様々な理由によってお金を借りなければいけないこともあります。近年ではキャッシングやカードローンによって手軽にお金を借りる手段ができたことから、少しでも生活がピンチになれば利用する人もいるようですが、あれやこれやと借りていると、いつの間にか複数の会社からお金を借りてしまい、返済に困ってしまったという人もいるでしょう。複数の企業からお...

親族が多額の借金をして中々返済できる状況にない場合、債務者に近しい人物ならどうにかしてほしいと思うものです。どうにも返済できそうにない借金を片付ける時に債務者の救済制度として利用されるのが債務整理です。弁護士または裁判所を介して借金の一部免除や全額免除をしてもらう方法で、多くの債務者が手続きをしています。さて、債務者本人にどうにかする気がないのならこちらでどうにかしたいと思う方も多いですが、原則と...

弁護士に債務整理を依頼した時点で、債務整理が終了するまでの一定期間は返済義務が停止します。弁護士は債務者から依頼を受けた時点で債権者に対して受任通知を送付します。この受任通知を受け取ると、貸金業者や債権回収業者は取り立てを停止しなくてはならないとした法的効果が生じます。手続きの流れとしては、まずは取り立てを停止させ、現時点での債務や資産を調査した上で債務整理を進めていくことになるでしょう。この間に...

債務整理を司法書士や弁護士に依頼する際、それに必要な費用としていくつかの項目があります。大まかに分けると、着手金、成功報酬金、過払い報酬金です。着手金は司法書士や弁護士に依頼するタイミングで支払い、債務整理の対象となる金融機関の数に比例して払うことになります。最近では着手金を請求しないところが増えていますが、請求するところでは1社につき2万円あたりが相場となっています。着手金は請求しないものの、事...

債務整理を取り入れる場合、専門家に依頼するのが常識となっていますが、司法書士と弁護士のどちらを選ぶかで迷ってしまう人が、かなり多いと言われています。どちらに依頼したとしても、債務整理を取り入れるという手続きに違いはないと考える人もいますが、そうではありません。司法書士のほうが、弁護士よりも費用が安い場合が多くなっているのですが、借り入れ額が140万円を超過している場合、司法書士では取り扱いが出来な...

債務整理を取り入れる場合、どの弁護士を選ぶかということが、非常に重要になってきます。債務整理の経験に乏しく、専門的な知識をあまり持たないような弁護士を選んでしまいますと、手続きの際に債権者の言いなりになってしまって、債務整理をしたにもかかわらず、返済額がほとんど変わらなかつたという、悲惨な状況にもなりかねません。大手の弁護士事務所では、さまざまな案件に対応できるように、いろいろな弁護士が所属してい...

借金返済のための相談を弁護士にすることについての、デメリットはほとんどありません。最近の法律事務所では、初回相談のみ無料で行なってくれるところが多くなったようです。初回相談であっても、一定の時間を過ぎると相談料が発生してしまうことがあるので注意が必要ですが、現在の状況が債務整理を必要とするのかどうかのみを相談するだけなら、30分から1時間の面談でも十分と思われます。正式に依頼するとなると、それなり...