代わりに債務整理を依頼できますか?

親族が多額の借金をして中々返済できる状況にない場合、債務者に近しい人物ならどうにかしてほしいと思うものです。

 

どうにも返済できそうにない借金を片付ける時に債務者の救済制度として利用されるのが債務整理です。弁護士または裁判所を介して借金の一部免除や全額免除をしてもらう方法で、多くの債務者が手続きをしています。

 

さて、債務者本人にどうにかする気がないのならこちらでどうにかしたいと思う方も多いですが、原則として債務整理は債務者自身が動かないとならず、親族が代理で行うことはできないとしています。

 

債務整理には借入情報の開示が必要ですが、こうした情報は重要な個人情報なので親族といえども債権者は教えることができません。

 

また、弁護士に債務整理を依頼すれば情報開示は弁護士が行ってくれるので、債務者本人が直接情報開示依頼をする必要はありません。しかし、弁護士に依頼する場合でも債務者本人との面談が必要になってくるので、いずれにしても債務者本人の協力が欠かせなくなってくるのです。

 

本人を介さずに債務整理をする唯一の手段としては、委任状を使う方法です。

 

委任状とは要するに、債務者が個人に債務整理の代理を任せることを認めた書類です。報酬を貰わないことを前提に、業者に対して行う債務整理なら委任状を使うことが認められています。

 

ただ、やはり素人が整理をすることになるので、業者に相手にしてもらえないケースも少なくはないでしょう。

 

関連ページ

多重債務者の借金の一本化とは
多重債務者の借金の一本化について教えます。借金を抱える事は大変な事です。さらに複数の金融機関から借金してしまうと多重債務者になりさらに大変になってしまいます。
債務整理を依頼した後も返済するの?
弁護士に債務整理を依頼した後も貸金業者へ返済しなければならないのですか?と言う質問にお答えします。こちらを見れば全てわかります。
債務整理に必要とされる費用について
債務整理に必要とされる費用について説明します。債務整理を行う時はお金がないケースがほとんどです。ですが、それでも債務整理の依頼はできます。
弁護士と司法書士の違いは?
弁護士と司法書士の違いについてご紹介します。弁護士と司法書士の違いがイマイチわからない方も多いと思います。ですが、弁護士と司法書士では大きな違いがあるのです。参考にしてみて下さい。
弁護士を選ぶ方法について
債務整理をするに当たり、弁護士を選ぶ事はとても重要になります。そこで、弁護士を選ぶ方法についてご紹介します。債務整理を専門取る弁護士も多く、そういった方にお願いするのが最も効果的なのです。