弁護士相談のメリットとデメリット

借金返済のための相談を弁護士にすることについての、デメリットはほとんどありません。

 

最近の法律事務所では、初回相談のみ無料で行なってくれるところが多くなったようです。

 

初回相談であっても、

 

一定の時間を過ぎると相談料が発生してしまうことがあるので注意が必要ですが、

 

現在の状況が債務整理を必要とするのかどうかのみを相談するだけなら、

 

30分から1時間の面談でも十分と思われます。

 

正式に依頼するとなると、それなりに高額な弁護士費用が掛かりますが、

 

相談したうえで債務整理したほうがよいと自分が判断した場合にのみ、正式に依頼をすればよいのです。

 

費用は法律事務所によって多少の違いはありますが、

 

任意整理の依頼なら、着手金10万円、成功報酬10%といったところです。

 

正式な依頼による弁護士費用が高額であっても、

 

債務整理で借金が減額されるほうが金銭的にはずっとメリットはありそうです。

 

債務整理をすることでブラックリストに載ってしまい、

 

しばらくの間金融機関からの信用が落ちてしまい、クレジットカードが作れない、

 

ローンが組めないなどのデメリットがありますが、こちらのほうがデメリットとしては大きいのではないでしょうか。

 

しかし、相談だけなら信用になんら影響はありませんので、弁護士相談にはデメリットは見受けられません。

 

2回目以降の相談に掛かる費用は、1時間5000円程度というのが一般的のようですが、

 

法律事務所によって料金設定が異なりますので事前に確認しましょう。

 

まずは初回30分から1時間の無料相談を有効活用してみてはどうでしょうか。

 

1つの法律事務所に決めなければならないということはないので、

 

慌てず複数の事務所でアドバイスを受けてみることをお勧めします。

 

正式な依頼をするまでに複数の事務所で相談をする、

 

自分に合う事務所を探したうえで料金も確認、そして最終的に1つに決めればよいのです。

関連ページ

多重債務者の借金の一本化とは
多重債務者の借金の一本化について教えます。借金を抱える事は大変な事です。さらに複数の金融機関から借金してしまうと多重債務者になりさらに大変になってしまいます。
代わりに債務整理を依頼できますか?
親族が多重債務に陥っていますが、代わりに債務整理を依頼できますか?と言う質問にお答えします。親族でも代わりに債務整理の依頼は出来るのか。
債務整理を依頼した後も返済するの?
弁護士に債務整理を依頼した後も貸金業者へ返済しなければならないのですか?と言う質問にお答えします。こちらを見れば全てわかります。
債務整理に必要とされる費用について
債務整理に必要とされる費用について説明します。債務整理を行う時はお金がないケースがほとんどです。ですが、それでも債務整理の依頼はできます。
弁護士と司法書士の違いは?
弁護士と司法書士の違いについてご紹介します。弁護士と司法書士の違いがイマイチわからない方も多いと思います。ですが、弁護士と司法書士では大きな違いがあるのです。参考にしてみて下さい。
弁護士を選ぶ方法について
債務整理をするに当たり、弁護士を選ぶ事はとても重要になります。そこで、弁護士を選ぶ方法についてご紹介します。債務整理を専門取る弁護士も多く、そういった方にお願いするのが最も効果的なのです。