債務整理に必要とされる費用について

債務整理を司法書士や弁護士に依頼する際、それに必要な費用としていくつかの項目があります。大まかに分けると、着手金、成功報酬金、過払い報酬金です。

 

着手金は司法書士や弁護士に依頼するタイミングで支払い、債務整理の対象となる金融機関の数に比例して払うことになります。

 

最近では着手金を請求しないところが増えていますが、請求するところでは1社につき2万円あたりが相場となっています。着手金は請求しないものの、事務手数料を代わりに請求するところも出ており、こちらは数万円かかります。

 

着手金を請求し、かつ事務手数料を請求するところもあるので最初の相談の際に料金体系を聞いておくことが大切です。

 

次に成功報酬金ですが、こちらは債務整理がうまくいった場合、金融機関の数に応じて着手金同様支払い、その金額も着手金とさほど変わらない相場となっています。

 

債務整理によっては過払い金が多く、結果としてお金が多く返ってくる場合があります。こうした際に過払い報酬金を支払うことになりますが、この利率は事務所によって様々で、だいたい20%から25%となります。

 

こうしたものをすべてひっくるめた値段が債務整理に必要な費用とされており、他に印紙代などの実費がかかることになります。

 

着手金ゼロで始めてくれる司法書士事務所や費用を分割払いにしてくれる弁護士事務所など、柔軟に対応してくれるところが増えているため、まずは相談に行くことが大切です。

関連ページ

多重債務者の借金の一本化とは
多重債務者の借金の一本化について教えます。借金を抱える事は大変な事です。さらに複数の金融機関から借金してしまうと多重債務者になりさらに大変になってしまいます。
代わりに債務整理を依頼できますか?
親族が多重債務に陥っていますが、代わりに債務整理を依頼できますか?と言う質問にお答えします。親族でも代わりに債務整理の依頼は出来るのか。
債務整理を依頼した後も返済するの?
弁護士に債務整理を依頼した後も貸金業者へ返済しなければならないのですか?と言う質問にお答えします。こちらを見れば全てわかります。
弁護士と司法書士の違いは?
弁護士と司法書士の違いについてご紹介します。弁護士と司法書士の違いがイマイチわからない方も多いと思います。ですが、弁護士と司法書士では大きな違いがあるのです。参考にしてみて下さい。
弁護士を選ぶ方法について
債務整理をするに当たり、弁護士を選ぶ事はとても重要になります。そこで、弁護士を選ぶ方法についてご紹介します。債務整理を専門取る弁護士も多く、そういった方にお願いするのが最も効果的なのです。