弁護士に相談しに行くのは恥ずかしい事ではない

このサイトで紹介している法的な手続きも、実際にやるには難しい専門の知識が必要になります。

 

自分で学んで知識を得る事も出来ますが、難しい法律の用語や法的な手続きの実務を学ぶのは簡単じゃ無いですし、

 

今ある借金の返済の問題もあります。

 

本来なら弁護士に依頼してやって貰う事になるでしょう。

 

自己破産や個人再生、特定調停というのは裁判所での手続きをしなくてはいけないですし、

 

任意整理は、借入をしている本人からの話には、大体の金融会社が対応しない為です。

 

融資してもらっている場所からの、返済金額を減らす、

 

利息を減らす事にいちいち全て対応していたら、金融機関の経営が出来ないので、考えれば当然普通の事です。

 

特にキャッシングやカードローンなどの少額の無担保の金融業者の場合、この傾向が強いです。

 

弁護士に依頼すれば、債権者(借入先)あてに「受任通知」という封書が送られていきます。

 

その通知が届けば金融会社からの借金の返済の催促が全て止まるので、

 

家族や会社にバレたくない時は、とりあえず弁護士に相談してみましょう。

 

通知が相手に届くまで催促がくるのが待てないという時は、弁護士と話して、債権者に直接連絡して貰いましょう。

 

凄く簡単に返済の電話が来なくなるので、ビックリするかもしれません。

 

弁護士に話に行くと言うと、恥ずかしいと思ったり、どのくらい費用がかかるか心配する人が多いみたいです。

 

でも、弁護士というものは相談を受ける事自体が仕事ですし、

 

その事務所にとっても大切なお客様になるので、恥ずかしいと思う事はないのです。

 

今は弁護士が増えてきているので、費用の方も大分安くなっていますし、分割でのお支払いも出来ます。

 

借金の返済に困っている人が、手持ちのお金も少ない事は弁護士の方も分かっていますので、そこまでの心配は必要ありません。

関連ページ

多重債務者の借金の一本化とは
多重債務者の借金の一本化について教えます。借金を抱える事は大変な事です。さらに複数の金融機関から借金してしまうと多重債務者になりさらに大変になってしまいます。
代わりに債務整理を依頼できますか?
親族が多重債務に陥っていますが、代わりに債務整理を依頼できますか?と言う質問にお答えします。親族でも代わりに債務整理の依頼は出来るのか。
債務整理を依頼した後も返済するの?
弁護士に債務整理を依頼した後も貸金業者へ返済しなければならないのですか?と言う質問にお答えします。こちらを見れば全てわかります。
債務整理に必要とされる費用について
債務整理に必要とされる費用について説明します。債務整理を行う時はお金がないケースがほとんどです。ですが、それでも債務整理の依頼はできます。
弁護士と司法書士の違いは?
弁護士と司法書士の違いについてご紹介します。弁護士と司法書士の違いがイマイチわからない方も多いと思います。ですが、弁護士と司法書士では大きな違いがあるのです。参考にしてみて下さい。
弁護士を選ぶ方法について
債務整理をするに当たり、弁護士を選ぶ事はとても重要になります。そこで、弁護士を選ぶ方法についてご紹介します。債務整理を専門取る弁護士も多く、そういった方にお願いするのが最も効果的なのです。
弁護士相談のメリットとデメリット
弁護士相談のメリットとデメリットについてご紹介いたします。借金の返済を弁護士に相談するにはメリットとデメリットがありまが、デメリットはほとんどありませんのですぐに相談する事をお勧めいたします。