債務整理を依頼した後も返済するの?

弁護士に債務整理を依頼した時点で、債務整理が終了するまでの一定期間は返済義務が停止します。

 

弁護士は債務者から依頼を受けた時点で債権者に対して受任通知を送付します。この受任通知を受け取ると、貸金業者や債権回収業者は取り立てを停止しなくてはならないとした法的効果が生じます。

 

手続きの流れとしては、まずは取り立てを停止させ、現時点での債務や資産を調査した上で債務整理を進めていくことになるでしょう。この間に債務者は自分の生活に集中でき、整理後の返済に向けて生計を立て直すことが可能です。

 

さて、とりあえず返済を停止させた後でゆっくりと債務整理の相談をしたい、という理由から依頼前に受任通知を送付してほしいと考える方もいますが、受任通知は債務整理を行うことが決定した場合にしか法的にも道義的にも送付はできません。

 

よって、早く返済を停止してほしいのなら、弁護士と債務整理の契約を結ばなくてはならないでしょう。また、もしも受任通知を送付後に取り立てが続くようなら弁護士に相談して対策してもらってください。

 

債務整理の手続きが完了したら、状況に応じた対処をしていくことになります。

 

任意整理や個人再生で整理した場合は整理内容に従って返済をしていくことになり、自己破産をした場合は返済が免除という形になるので今後の返済は必要ありません。

 

いずれにしても、まずは弁護士に相談をして、自分に適切な整理方法を見極めて依頼しましょう。

関連ページ

多重債務者の借金の一本化とは
多重債務者の借金の一本化について教えます。借金を抱える事は大変な事です。さらに複数の金融機関から借金してしまうと多重債務者になりさらに大変になってしまいます。
代わりに債務整理を依頼できますか?
親族が多重債務に陥っていますが、代わりに債務整理を依頼できますか?と言う質問にお答えします。親族でも代わりに債務整理の依頼は出来るのか。
債務整理に必要とされる費用について
債務整理に必要とされる費用について説明します。債務整理を行う時はお金がないケースがほとんどです。ですが、それでも債務整理の依頼はできます。
弁護士と司法書士の違いは?
弁護士と司法書士の違いについてご紹介します。弁護士と司法書士の違いがイマイチわからない方も多いと思います。ですが、弁護士と司法書士では大きな違いがあるのです。参考にしてみて下さい。
弁護士を選ぶ方法について
債務整理をするに当たり、弁護士を選ぶ事はとても重要になります。そこで、弁護士を選ぶ方法についてご紹介します。債務整理を専門取る弁護士も多く、そういった方にお願いするのが最も効果的なのです。