弁護士と司法書士の違いは?

債務整理を取り入れる場合、専門家に依頼するのが常識となっていますが、司法書士と弁護士のどちらを選ぶかで迷ってしまう人が、かなり多いと言われています。

 

どちらに依頼したとしても、債務整理を取り入れるという手続きに違いはないと考える人もいますが、そうではありません。

 

司法書士のほうが、弁護士よりも費用が安い場合が多くなっているのですが、借り入れ額が140万円を超過している場合、司法書士では取り扱いが出来ない案件となります。

 

そのため、借り入れ額が多いような場合には弁護士に頼むことになります。また、140万円以下であったとしても、司法書士の場合は、出来ることが限られていますので、ご注意ください。

 

自己破産や個人再生などの債務整理で、裁判所で手続きを進める場合には、裁判官と面談を行うことがありますが、司法書士ですと、面談の代理人として出廷することが出来ません。

 

ですので、自己破産や個人再生を取り入れる場合には、司法書士ではなく、弁護士に依頼をしましょう。任意整理の場合は、裁判所を通しませんので、司法書士に依頼する人が多くなります。

 

司法書士に依頼した方が、費用が安くなることが多いのですが、過払い金の手続きの場合には、弁護士の場合も司法書士の場合も、それほど費用の違いがないようです。選ぶ前に、よく調べておきましょう。

 

何を依頼するのか、どのような手続きを必要とするかを、よく考えて、自分にとって有利な方を選ぶようにしましょう。

関連ページ

多重債務者の借金の一本化とは
多重債務者の借金の一本化について教えます。借金を抱える事は大変な事です。さらに複数の金融機関から借金してしまうと多重債務者になりさらに大変になってしまいます。
代わりに債務整理を依頼できますか?
親族が多重債務に陥っていますが、代わりに債務整理を依頼できますか?と言う質問にお答えします。親族でも代わりに債務整理の依頼は出来るのか。
債務整理を依頼した後も返済するの?
弁護士に債務整理を依頼した後も貸金業者へ返済しなければならないのですか?と言う質問にお答えします。こちらを見れば全てわかります。
債務整理に必要とされる費用について
債務整理に必要とされる費用について説明します。債務整理を行う時はお金がないケースがほとんどです。ですが、それでも債務整理の依頼はできます。
弁護士を選ぶ方法について
債務整理をするに当たり、弁護士を選ぶ事はとても重要になります。そこで、弁護士を選ぶ方法についてご紹介します。債務整理を専門取る弁護士も多く、そういった方にお願いするのが最も効果的なのです。