借り換えをする前にチェックする事

※乗り換えをする前にチェックすること

 

・乗り換えを行う前には、今のローンの融資してもらってる条件を確認してみましょう。

 

確認をしてみて、最小金利が10%以下の時と、上限金利が18%以下の時には、他の金融業者に乗り換えるのは一旦やめておきましょう。最小金利が10%以下は低い金利になりますし、上限金利が18%以下であれば利息の制限法ないであるので、高い金利と言えません。

 

もしそれより下の金利を提示しているローンに乗り換えても、最小金利や、今の金利よりも安い金利で契約できる保証はないです。 金融業者からの対応を覚えておくと、交渉が出来ます。

 

その対応とは、

 

・利用している期間が長くなると信用力が上がっているいる
・借金の完済が近づいてくると追加での融資を持ちかけて引きとめてくる
・金利の下げたり利用限度枠の増額を提案してくる

 

こういった対応の時には、完済、解約をしないで、融資枠の増額と金利を安くする交渉を行ってみましょう。交渉する前に繰り上げでの返済をされていた時などは特に信用力が増していて、交渉も楽になります。

 

借金では新たに借りる業者よりも、前々から付き合いがある業者から借りた方が凄くいいと言うことを覚えておきましょう。

 

 

※また、借り入れ先の業者が

 

・高い金利で融資をしているかどうかを見極める手段があります。

 

これは融資の条件を確認する中でとても大切な指標となります。それは利用制限法です。 利用制限法というのは、利息を制限し、それを超えている金額の利息は支払わなくていいということを規制されたものです。

 

制限の利息を越えて支払っていた時、普通、その越えて支払った分は元本の方に返済になります。 利息制限法で定められている利率というのは、

 

・元本が10万円未満→年率20%
・元本が100万円未満→年率18%
・元本が100万円以上→年率15%

 

となっているのです。 本人が今取引している金融ローンの契約書や返済している明細書を見て、過払いになっているかをちゃんと計算することは大事です。

 

もし過払いになっていた時は、過払い金を請求する事が出来ます。もし金融業者が応じてくれなければ、過払い金返還請求訴訟というので、法的な手段にでることもできます。

関連ページ

借り換えとは
借り換えとはなにかをお教えします。このやり方は多重債務に落ちてしまうとても多いケースなので、出来ればお勧めはしません。参考までにご覧ください。
借金を再びしないために
借金を再びしないためにはどうすればいいのかを教えます。一度借金を返済した方の多くは、もう一度借金をしてしまいます。そうならないように注意しましょう。
借金の返済するコツ
借金の返済するコツをお教えします。借金を返済するのは時間も掛かってしまい非常に大変な作業です。少しでも早く返済するにはコツが必要です。
過払い金とは何か
過払い金とは何かについてお教えします。過払い金とは払いすぎてしまった金利の事を言います。債務整理をする上で過払い金の知識がないと損してしまう可能性があるので、しっかりと知識を蓄えましょう。
総量規制とは何か
総量規制とは何かについてお教えします。まず完結に説明すると、総量規制とは消費者金融などから借り入れをする際に決められている上限です。総量規制について詳しく掲載していますので参考にしてください。
借り入れをしない生活を送るためには?
借り入れをしない生活を送るためには?どうすれば良いのかをお教えいたします。借り入れをしない生活を送るには正しいお金の使い方をしなければいけません。借り入れをしない生活を送るためには無駄な浪費はしないようにしましょう。