債務整理後の生活について

債務整理を取り入れて、手続きが完了するまでにかかる期間は、おおよそ3ヶ月ほどであると言われています。

 

弁護士や司法書士に依頼をした場合、取引履歴など、必要な書類をすべてまとめて渡し、自己破産以外の場合には、さらにその後の返済額についても相談をしていくことになります。

 

任意整理や特定調停、民事再生の場合ですと、債務整理の数ヶ月後から、返済が始まることになります。金利の引き直しや、借り入れ額の減額によって、3年から5年ほどで完済できる金額に整理してもらうようになりますが、新たな返済額での返済が開始するのは、債務整理完了直後ではなく、数ヶ月後からであるということは、ぜひ記憶しておきましょう。

 

そのような事情であるために、弁護士事務所では、新たな返済が開始するまでの間、弁護士費用を多めに払ってもらって、返済が開始したところで、弁護士費用の1ヶ月分の返済額を減らして返済を行ってもらうような方法を取り入れているところが多くなっています。

 

たとえば、民事再生が確定して、その半年後から8万円の返済が始まるといった場合では、半年間、弁護士費用の支払いとして、毎月10万円ずつ返済し、半年経過後に、2万円に減額するというふうに、毎月の返済額が変わらないように設定してくれるのです。

 

債務整理を行いますと、新たな借り入れができなくなりますし、さらに弁護士に支払う費用もありますので、生活に余裕が生まれるようなことは、ほとんどないと言われています。借金が減額されたとしても、油断することなく、毎月きちんと節約して、計画的に生活を送るよう、気をつけていきましょう。

関連ページ

借り換えとは
借り換えとはなにかをお教えします。このやり方は多重債務に落ちてしまうとても多いケースなので、出来ればお勧めはしません。参考までにご覧ください。
借り換えをする前にチェックする事
乗り換えを行う前には、今のローンの融資してもらってる条件を確認する事が必要です。こちらの条件が一定の基準に達していないと乗り換えの意味がないのです。
借金を再びしないために
借金を再びしないためにはどうすればいいのかを教えます。一度借金を返済した方の多くは、もう一度借金をしてしまいます。そうならないように注意しましょう。
借金の返済するコツ
借金の返済するコツをお教えします。借金を返済するのは時間も掛かってしまい非常に大変な作業です。少しでも早く返済するにはコツが必要です。
過払い金とは何か
過払い金とは何かについてお教えします。過払い金とは払いすぎてしまった金利の事を言います。債務整理をする上で過払い金の知識がないと損してしまう可能性があるので、しっかりと知識を蓄えましょう。
総量規制とは何か
総量規制とは何かについてお教えします。まず完結に説明すると、総量規制とは消費者金融などから借り入れをする際に決められている上限です。総量規制について詳しく掲載していますので参考にしてください。
借り入れをしない生活を送るためには?
借り入れをしない生活を送るためには?どうすれば良いのかをお教えいたします。借り入れをしない生活を送るには正しいお金の使い方をしなければいけません。借り入れをしない生活を送るためには無駄な浪費はしないようにしましょう。
借り入れは家族が弁済しなければいけないのか?
借り入れは家族が弁済しなくても大丈夫です。借金をする際には必ず保証人を付けています。もし本人が返済が出来なくなってしまった場合の弁済義務は保証人にあります。